性病にならない為のに日常気をつけること

性病にならないためには性行為を行わない事が一番ではありますが、人間も生物である以上は子孫を残すためにも性行為を行うのは当然であり、また行わないように出来るものでもないです。
しかし、日常から不特定多数の人との性行為は行わないようにするのがまずは大切です。
昔と違って日本人は性に対して開放的になったせいか、安易に性行為をする人が増えていると言われています。
そうやって不特定多数の人との性行為はその場では良いかもしれないですが、それが原因で性病が感染拡大してしまう可能性を高めてしまいます。
性病の中には潜伏期間中で自覚症状が無い場合や感染しているのに気が付きにくい病気もあり、安易に他の人と性行為を行えば感染が拡大するのも当然なのです。
また、体調が悪い時や女性であれば生理中の時の性行為は避けておくべきです。
体調が悪い時には体の抵抗力も低下していて、雑菌などに対して抵抗力が弱まっているために感染のリスクが高まりますし、生理中は経血が原因で性病に感染させてしまう可能性などもあります。
性病に関してはパートナーとのみ性行為を行うようにしていれば感染のリスクは抑えられますが、パートナーが浮気をしたりしていれば、いくら自分自身は気をつけていてもパートナーから自分へと感染してしまう事もあります。
そのために自分だけ気をつけるというのではなく、パートナーとお互いに気をつけあってお互いを思いやる気持ちも大切です。
パートナーがいない人であっても性行為は快楽のためにだけ行うものでは無く、リスクも考慮した上で妊娠を望まない場合はしっかりと男性はコンドームをする事で、妊娠だけでは無く性病のリスクも抑える事が出来るという事を忘れないようにして下さい。